あなたの暮らしに豊かさを/RICHE PARTNERS

TEL03-6418-6460
受付:9:00~19:00 土日祝休

運用・収支改善について

不動産投資では、不動産を手に入れたら終わりというわけではなく、その後の運用が非常に重用になります。
ここで失敗をされるケースが多く、優良な不動産を手に入れたのに損をしてしまうオーナー様もいらっしゃいます。
運用の中でもっとも大切になるのが定期的な見直しですが、見直しポイントは大きく分けて次の3つです。

①【家賃】
年数が経つにつれて家賃が下がるというのはごく一般的で、しょうがないとお考えのオーナー様も多いと思います。空室になるよりはと家賃を下げられたオーナー様もいらっしゃると思います。
しかし、家賃はオーナー様の収入でもあるので、下がらないのに越したことはありません。

地域における家賃相場・人気等は、年々、月々変化していきます。
上手に情報を集めることで、家賃を下げない、または、周辺環境の変化やリノベーション・設備の追加等により家賃を引き上げることも可能になります。

②【建物管理費・修繕積立金】
区分所有マンションでは、管理組合があるため難しい場合も多いですが、必要な見直しポイントです。
建物管理会社は満足のいく管理をしてくれているか、修繕積立金は適正な価格か等、将来的にも重要な項目になります。

③【賃貸管理会社・管理プラン】
共有部の設備点検や清掃等をお願いする建物管理に対し、入居者の募集・集金や連絡業務等をお願いする賃貸管理ですが、ここで大きな違いが出てくる場合があります。
募集内容・方法、管理形態、管理費等に問題があれば、ずっと空室が埋まらない、空室のたびに家賃が下がる、管理会社と連絡が取れない、またはレスポンスが悪い、管理費が高い、入居・退去・更新時によくわからない費用を請求される、最初に説明された内容と違う、またはまったく説明されなかった等、収支以外の部分にも影響する問題が発生する可能性があります。

以上のようなポイントを定期的に見直すことで、日常生活では当たり前ですが収入を安定させて支出を抑え、安定した運用を実現することができます。
これ以外でも、小さなことでも不安や悩みをお持ちのオーナー様は、一度当社までお問い合わせください。
   ⇒お問い合わせはこちら

↑ PAGE TOP