あなたの暮らしに豊かさを/RICHE PARTNERS

TEL03-6418-6460
受付:9:00~19:00 土日祝休

家賃保証・サブリースについて

現在では、今までの集金代行型の賃貸管理に加え、家賃保証型・サブリース(借り上げ)型の管理が増えてきています。
オーナー様にご安心頂けるプランとして、各社こぞってサービスを提供しています。

本来、 家賃保証とサブリースは全く別の契約内容になり、それぞれにメリット・デメリットがありますが、内容を混同している会社も多く、オーナー様でも、お金の流れは変わらないため、あまり違いを気にしていない方が多いのが現状です。
しかし、今後はこの違いがトラブルになる可能性もあるため、一度確認して頂ければと思います。

家賃保証

家賃保証型では、一般の賃貸借契約と同様にオーナー様と入居者様が直接賃貸借契約を結びます。
管理会社は、普段は家賃の集金・送金だけを行いますが、空室時・家賃未収時には家賃分を立替えて送金します。
あくまで、借主は入居者様であり、家賃を支払うのも入居者様です。

サブリース型と比べたときのメリットは、入居者様の情報が直接わかるということです。
ご所有物件の使われ方が明確になり、細やかな賃貸経営が可能です。

逆にデメリットは、入居者様と直接の契約のため、不安になられる方もいることです。
また、入退去に伴って新たな書類手続き等が必要な場合もあり、本業がある方には日常の負担が増えることがあります。

サブリース

サブリース(借り上げ)型では、まずオーナー様と管理会社が賃貸借(マスターリース)契約を結びます。その後、管理会社と入居者様が賃貸借(サブリース)契約を結びます。
入居者様は管理会社に家賃を支払い、管理会社はオーナー様に家賃を支払います。

家賃保証型と比べたときのメリットは、管理会社が借主という安心感です。
また、入退去に伴う書類手続き等の煩わしさもなく、賃貸経営における業務負担が削減できます。

逆にデメリットは、一つ目は、入居者様と直接契約しないということです。
入居者様は管理会社と契約し、契約内容も管理会社が決めるので、オーナー様は情報が得られないことがほとんどです。
二つ目は、管理会社も借主であるということです。
現法下では借主は保護される立場にあるため、オーナー様から賃貸借契約(サブリース型においては管理)を解約するのが難しい状況にあります。
また、借主には家賃の減額交渉をする権利もあるため、更新時期に家賃が下がってしまうリスクもあります。

現在、家賃を保証するという契約の場合、ほとんどがサブリース型になっています。
管理会社から家賃保証型とサブリース型の違いを説明されることもほとんどないため、知らずにサブリース契約をしてしまい
 ・更新の時期ごとにどんどん家賃を下げられてしまう
 ・賃貸借契約のため、管理会社に不満があっても解約できず、しぶしぶ継続するしかない
といった問題に直面されるオーナー様が増えてきています。

家賃保証型とサブリース型にはそれぞれ特徴があり、一概にどちらが優れているということではありませんが、『 保証と言われたから大丈夫』と安易に契約してしまうのではなく、内容をよくご確認されるのがよいと思います。また、 この機会にご自身の契約内容を一度お見直し頂くことをお勧めします。
当社でも、管理改善のお問い合わせを受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。
   ⇒お問い合わせはこちら

↑ PAGE TOP